○ こころの不調を訴える方の多くが、
  身体の不調(こり、不眠、消化器症状など)
  を自覚しています。      


○ 身体の不調を感じて医療機関を受診しても
  問題が見つからないことがあります。


 
  ゆっくり話をし(相談・カウンセリング)、
  
 身体の症状を緩和することで、心身の
    不調感が和らぐ可能性があります。     


  また、
      初めて精神科を受診しようかと考えている方、
         でも一歩踏み出せないでいる方、
         受診に抵抗感をお持ちの方、
         受診前の不安を軽減しませんか。




ご挨拶     代表 平石 仁恵

誰もが願う健康。世の中には、
健康をサポートする様々な機関があります。
メンタルヘルス・ラボ SILK は、
既存の組織や制度を単に批判することなく、
利用者様にとって不足する部分を補っていくことを
設立の趣旨としています。
どうぞお気軽にお越しください。
お待ちしております。



@専門領域 ・ 保健福祉
・ 精神保健
・ 大学院では、精神科医による面接の
  スーパービジョンを受ける(保健福祉学修士)
・ 鍼灸師免許取得後、
  筑波大学理療臨床部(東京都文京区)にて研修
A就労経験 ・ 県内外教育機関にて講師、相談員、
  不登校児・生徒指導員
・ 社会福祉法人での障がい者支援(非常勤)
 他
B社会活動   行政主催のセミナー講師(福祉、消費生活分野)
C所持資格 ・ 精神保健福祉士
・ 社会福祉士
・ 鍼灸師
・ 消費生活アドバイザー、繊維製品品質管理士
・ 教員免許(保健・福祉・家庭・工業)
D所属学会 ・ 日本家族研究・家族療法学会
・ 全日本鍼灸学会
 

           「おかげさまで開業6年目に入りました」
 
開業以降、講師の仕事が増えてしまい、治療室を空ける時間が多くなっております。なかなか電話にでられないことがあり、ご迷惑をおかけしております。
 これまでの利用者は、10〜80代までと幅広い年齢層となっております。初回はカウンセリングと治療を併用し、徐々に治療のみに移行していく方が多いです。最初にカウンセリングをされた方々は、治療者とコミュニケーションがとりやすくなっているためか、治療のみの利用となっても安定的に改善されていく傾向があります。そうした方々は、その後身体の不調を感じた際に、不定期に来所されています。長期利用の方は、健康維持のための定期受療者です。訪問の治療やカウンセリングも行っております。

 相談の内容は、職場の人間関係、夫婦の問題、恋愛、家族の問題など様々です。近年では就労先の福利厚生の一環として、無償でカウンセリングを受けることができる方々も多いと思います。ただ、相談先や回数など、制限があるはずです。自分の本質的な問題をじっくり見つめるというより、対症療法的なカウンセリングにならざるをえない場合が多いかもしれません。
 カウンセリングや心理療法の本を読むと、掲載事例などはかなりのセッションを重ねていますが、多忙な方々にとっては時間の捻出が難しいことでしょう。また回数を重ねるということは、それだけの出費を伴うことになります。自分とじっくり向き合うカウンセリングの実践には、色々なハードルがあります。しかし、もし「今がその時」というタイミングがあったなら、是非一度トライして欲しい体験ではあります。

 鍼灸治療については、北関東は都内と比べると鍼灸に対する意識や期待の違いを感じます。ただし、相当困っている方が来所される、という点は共通しています。鍼灸で病状が改善された体験をお持ちの方は、心身の不調時に鍼灸治療を選択肢の一つにされるように感じます。こちらについても是非一度体験して欲しいです。
 施術方法については、一方的に押し付けることなく、患者さまからの希望を取り入れることができます。心配な点は遠慮なく事前にお申し出ください。
 ご来室をお待ちしております。


▲このページのトップへ    

| HOME | 当院案内 | 施術について | 鍼灸臨床部(シルク鍼灸院) | メンタルサポート部 |
| 訪問相談・治療 | 個人情報について | アクセス | お問い合わせ | リンク |


メンタルヘルス・ラボ シルク
群馬県桐生市相生町2-848-1
レジデンスみやま102
TEL/FAX:0277-52-6038
メンタルヘルス・ラボ シルク  TEL:0277-52-6038 〒376-0011 群馬県桐生市相生町2-848-1みやまコーポラス102
Copyright (C) 2011 mentalhealth lab silk All Rights Reserved.